オールシーズンタイヤとは??本当に雪道で使えるの?スキー場まで行ける?どんな人におすすめ?オールシーズンタイヤついてタイヤのプロが解説!

こんにちは! AMCのソンシ です。

今回は新しいジャンルのタイヤ、オールシーズンタイヤについて、

そもそもオールシーズンタイヤて何?本当に雪道で使えるの?どんな人におすすめ?

といった疑問について、タイヤのプロらしくメカニズムと共に、

かつ一般の方にも分かりやすいようにお答え致します。

まずは雪道や氷の道でのタイヤのグリップの仕組みから

写真はDUNLOPが2019年に発売開始したオールシーズンタイヤ 「ALL SEASON MAXX AS1」

の写真です。サマータイヤに対し、ゴツゴツとしたブロック基調のパターンと、

そのブロックの中にサイプと呼ばれる切り込み加工が施されていることです。

雪道の場合、登山用の靴やスキーのピッケルと同じで、刺さってグリップする必要が有ります。

冬用タイヤですと、ブロックが雪にザクザク!!と刺さるため、サマータイヤよりも

グリップします。 また、氷(アイスバーン)の道では、道路の表面がツルツルしており、

かつうっすらと水の膜もあるので「面」では滑ってしまいます。そこで!

タイヤのブロック内にあるサイプが効果を発揮してくれます。

ブレーキ時にブロックがたわんで、隙間を作り、水の膜を除去し、

ゴムの角で氷の上をグリップできる仕組みになっています。

スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤの違い

左の写真がオールシーズンタイヤ、右の写真がスタッドレスタイヤです。

ブロック基調のパターンなのは同じなのですが、サイプと呼ばれるシマシマの切り込み

スタッドレスでは沢山ありますが、オールシーズンタイヤには少なく、その数半分以下です。

つまり、先ほどのメカニズムと合わせて考えますと、

オールシーズンタイヤは雪道はブロックが刺さって走れるのでOK

氷の道、アイスバーンは、ひっかく爪がないので不向き!ということになります。

まとめ、どんな人におすすめ??

まとめるとこのような表になります!

オールシーズンタイヤは、アイスバーンがなければ全然okなタイヤです。

なので、冬の、雪が降った高速道路や、広い国道などでは大丈夫です!

気温がそこまで低くはならず、たまにしか雪が降らない地域の方や、

雪が降らない地域に住んでるけどスキー場に行きたい!という方にはおススメです!

タイヤ購入時の選択肢の1つに如何でしょうか^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました